スプラウト栽培を始めた方必見!たった2時間で違いが出る失敗しない栽培のコツ

JUGEMテーマ:家庭菜園

先日Yahoo!ニュースを見ていたらこんな記事を発見しました!

“ブロッコリー新芽に「育毛効果」 近畿大とリーブ21


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140204-00000033-asahi-sci

(Yahoo! JAPANニュース:朝日新聞デジタル記事より)

このニュース以降当店でもブロッコリースプラウト種子を中心にスプラウト関連の商品がご好評いただいています。


そこで本日は、すでにスプラウトをキッチン菜園で栽培されているかたや

ニュースを読んでこれからブロッコリースプラウトを育てようと思っているかた必見の栽培のコツをお伝えしますね。


先に、このコツを実践した結果からご覧ください。


左が何もしないままのスプラウト、右が2時間のひと手間をかけたスプラウトです。
スプラウトの密度、本数が全然違いますよね!

さて、そのスプラウト栽培コツとは



播種前に2時間、種を水につけること



です。

スプラウト栽培キットなどへ種をまく前に、清潔な容器に水をいれ、そこに種を2時間つけてみてください。


なぜスプラウトの栽培結果にこれだけの差がでるかというと、

種は通常、袋にはいっているときは眠っている状態にあるからなんです。

水につけてあげることで休眠状態から目覚めてくれます。

お時間に余裕がある場合は、2時間以上つけておいても大丈夫ですが、

種の発芽には空気も必要なため、つけすぎると逆効果ですので注意してくださいね。


あとは通常通りの栽培方法で育ててみてください。

きっと数日後には元気なスプラウトを収穫できるはずです(^^)

ぜひ試してみてくださいね!
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL